事業部長挨拶

アクロビット株式会社のHPをご覧頂きありがとうございます。
アクロビットでは会社・社員・顧客、三位一体の理想的なサービスプロフィットチェーンを構築すべく、多くの人材を必要としています。

・人に興味を持てること
システムは勝手に何かを生み出す魔法の道具ではありません。システム導入以前はアナログ手法によって人が実践してきたことです。誰がどういったことを実現しようとして作ったのか、どういった部署のどういった人たちが使うのか。かつてシステム導入をしてきた人たちの存在に思いをはせることが出来るのであれば、システム構築に必要な考え方や知識が身につくはずです。
上司や部下、同僚についても興味を持つことで、豊かな人間関係を構築できるでしょう。


・失敗を認めて恐れないこと
成功は自信とやる気を得ることが出来ますが、知識を得ることはありません。失敗は成功のもとと言いますが、経験は様々な失敗の積み重ねであるといえます。それらの失敗をただの失敗ではなく経験として活かしている人は、素直さと責任感を持っています。素直でなければ失敗に気づけませんし、責任感がなければ自分の失敗として認めることはできないでしょう。​ほかの誰でもなく自分が失敗したと認識すれば、それは強烈な知識として残るはずです。そのことはきっと成長につながるはずです。

是非、そんな同じ価値観を持った方たちと一緒に働ける事を
心より楽しみにしております。

ソリューションサービス事業部  事業部長 齊藤 圭太
ERPのPG・SE・ITコンサルタント業務に20年従事。導入・開発・運用保守のSES業務だけではなく、情報システム部門の経営層向け提案サポートや監査法人の原価差異解明プロジェクト等にエンドユーザ側として参加するなど、エンドユーザの課題解決に幅広く貢献。

ソリューションサービス事業部
事業部長 齊藤 圭太
ERPのPG・SE・ITコンサルタント業務に20年従事。導入・開発・運用保守のSES業務だけではなく、情報システム部門の経営層向け提案サポートや監査法人の原価差異解明プロジェクト等にエンドユーザ側として参加するなど、エンドユーザの課題解決に幅広く貢献。