代表挨拶

既存や前例にとらわれずに、カタ破りでアクロバティックなITサービスを提供する会社でありたい、との思いから『Acrobat+IT』で『Acrobit』が生まれました。

アクロバティックな業は奇跡や偶然で生まれるものではなく、日々の学びと修練で得られる基本知識や所作、『カタ』があってこそ成し得るものです。

カタが無ければ何をやったところでカタ無しです。

アクロビットでは創業当初よりITスキル研修とは別に『プレゼンテーション(思いを伝える)』や『マネージメント(聞く、聴く、訊く)』集合研修を、私を含め全社員が仕事として受講しています。さらに学んだ事はそのままにせず、社員同士で練習を繰り返して身に着けています。

今後は、雑学研修(最新ファッショントレンドから学ぶ、他業界トップ営業マンやプロスポーツ選手の所作から学ぶ、等)もスタートします。自分が知る業界以外の事を直接見聞きすることは、視野を広げ、新たなカタを身に着ける機会となります。

新たなカタを探求する私たちにしかできない事があるでしょう。
ここでしかできない体験もあるでしょう。

アクロビットはこれからもカタを磨き続け、社員はもとより当社が関わるすべての方々に喜んでいただける企業として有り続けます。

代表取締役 前林 烈
代表略歴
大学卒業後、金融系システムエンジニアとしてキャリアをスタート。以降、複数回の転職で業界も職種も様々経験。リーマンショックをはじめ、不況時の会社側人事としての人員整理を経験してからは、『他社でも通用するようなキャリア』が身に着けられない会社で長居してはならないと強く思うようになる。その思いを胸に2018年2月、『長居できる会社』を作る志と共にカタ破りな7人でアクロビットを創業。

ロゴマークへの思い

連なる三つの三角形が、当社の経営ビジョンでもある『サービス・プロフィット・チェーン』を意味しています。『社員』と『お客様』そして『アクロビット』が、切れ間のないつながりで互いの幸せを紡ぎあう様を表しています。

マークの赤色は『思ひ色』という日本の伝統色を配しました。この色は平安時代に『人を思う気持ち』を表す書に使った色だと言い伝えられます。

文字に配色したグレーは『鼠色』という同じく日本の伝統色であり、ごく一般的な色でありながらとても奥深い色を配しました。鼠色は、江戸時代後期『四十八茶百鼠(しじゅうはっちゃひゃくねずみ)』と呼ばれ、数多の派生色が生まれたことを物語ります。

当社の『思い』はたくさんの人々に『派生』し、それは新たな『価値』を生み続ける。
それがアクロビットの描く思いです。

経営Vision

『最善のサービス プロフィット チェーンから付加価値の高いITサービスを提供する』

アクロビットでどう過ごせるのか、どんな待遇なのか、そこに安心感や満足感があればアクロビットでの居心地は良くなり、自分自身のキャリア向上へ取り組む意欲と自己投資を増進できる『余裕』を生むものと考えています。それは、いずれお客様へ高い品質のサービス提供につながり、お客様の満足度も高めてくれるでしょう。そして、お客様の満足度が上がれば、アクロビットへの信頼はおのずと高まり、そこからさらなる利益が生まれ、アクロビットの安定はもとより社員の待遇向上やキャリア向上への投資が可能となるでしょう。

『利益は三位一体でこそ継続に得られる』という考え方です。

これは、1994年にハーバード・ビジネススクールのへスケット教授とサッサー教授らが提唱した理論ですが、どれだけ時代が移り変わろうとも、この世界を形作るのが『人』であるならば真理であり続けることでしょう。

人と人が関わりあって互いが価値を生み互いが喜びあえる事、アクロビットに関わるすべての『人』が互いに利益を受け続ける事こそが経営理念です。

社員会と社員行動規範

アクロビットには経営層を除く社員のみで組織された『社員会』があり、社員の働きやすさを追求するための取り組み(レクリエーション企画立案・実施、各部活動の認定および管理・予算管理、福利厚生サービスの拡充、就業規則等の制度改訂発案、等)を行っています。経営戦略や制度に関する提案があれば、経営層と社員会は双方対等な立場で議論を行って結論を出します。また社員会は独立した運営資金を持っており、その使い方もすべてが任されています。

社員行動規範は、この社員会により定められました。