Articles

エンジニアにとっての『働きやすさ』とは?
アップデートし続ける福利厚生

こんにちは。本日のテーマは『福利厚生』です。
突然ですが、皆さんは働く上で何を重視されますか?
給料が高いこと、職場の雰囲気が良いこと、自分のやりたい仕事であること・・・
どれも大切ですよね。ただ、「長く健康に働けて、仕事外の生活も充実させる」という条件は全ての前提としてあると思います。仕事上の待遇・職場の雰囲気・業務内容、全ての条件を満たしていたとしても、休みも気軽に取れず、健康や生活に支障をきたすようでは本末転倒。やりたかった仕事なはずなのに、何でしんどいんだろう?そんな風に思いたくありませんよね。すべての社員が、仕事と生活のバランスが取れている安定した状態で楽しく過ごして欲しい。そんな想いから私たちは福利厚生を充実させています。
今回は福利厚生の中から5つピックアップしてご紹介いたします。


①有給休暇、子の看護休暇、介護休暇が1時間単位で取得可能

小さいお子さんは急に高熱が出ることもありますし、コロナ禍はより心配になりますよね。そんなお子さんの病気や予防接種などの看護休暇、要介護状態のご家族の病院への付き添いなどの介護休暇、そして年次有給休暇がそれぞれ1時間単位で取得できます。通院したり何処かにちょっと寄る予定があったり…。半日ではなく、1〜2時間休めれば十分な時って結構ありますよね。そういった時にかなり使える制度だなと感じます◎

②有給休暇は入社初日に支給

有給休暇は入社してから半年後に支給されることが多いと思いますが、弊社では入社したその日に支給されます。これは筆者自身、入社時に地味に嬉しかった制度です。笑 この日休みたいけれど半年経っていないからまだ有休が出ていなくて…といったことも無く、急な体調不良の際も安心です。

③希望者対象でワーケーション(work+vacation)にも参加可能

『2泊3日のワーケーションを取得し、1日は有給を使ってしっかり休み、残り2日は自然の中でネットを使って仕事』というのもアリです◎筆者も昨年ワーケーションに参加したのですが、終業後の温泉でかなりリフレッシュでき、さくっと旅行気分を味わうこともできました。過去には軽井沢や草津、伊東、河口湖で実施しており、季節によって今後も開催場所を増やしていく予定です◎ワーケーションに参加すると、他部署のメンバーともコミュニケーションを取ることができますし、メリハリをつけた働き方ができますよ。

④働き方手当てとして全社員に一律5,000円を毎月支給

在宅勤務によって掛かる回線環境整備費用、自宅光熱費等の補助として全社員に一律5,000円を毎月支給しています。また、ワーケーション制度と働き方手当ては「新しい働き方」に対応するためのものであるため、コロナ禍が収まった後も継続します。

⑤永年勤続表彰

永年勤続表彰とは、長期にわたって勤務する従業員に対して感謝を込めて表彰する制度のことです。一般的には5年や10年刻みで行う企業が多いそうですが、私たちは満3年から表彰を行なっています。(3年:記念品3万円相当、特別休暇1日)3年は意外とあっという間ですし、10年の間に3回も表彰があると思うと働くモチベーションにもなりますね。

・・・

私たちの福利厚生の一部をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? 全社員にとってより働きやすく快適な環境にしていくために、今後もアップデートしていきます!

          採用情報 TOP          
          採用情報 TOP          
   採用情報 TOP